1. 株式会社マブチ工業
  2. 防水について
  3. 防水の種類
ベランダ バルコニー 屋根 屋上 浴室 池 水槽 その他

防水の種類

防水とは、屋上や外壁面、ベランダ、浴室などの水がかりする場所に対して、
水を下に遠さない層を造ることを言います。

現在では様々な防水工法がありますが、大きく分けると
「アスファルト系」・「シート防水系」・「塗膜防水系」・「FRP防水系」
があります。

アスファルト系

アスファルト防水

アスファルト防水層を熱熔解しながら順に重ね合わせていく工法です。
その歴史は古く水密性が高いといわれています。
しかし突起物や端部などを納めるのが難しく、比較的平面で大きな物件以外は施工には適しません。
また温度の変化に弱く、破断しやすいという特徴を持ちます。
そのため近年では冷工法、トーチ工法などが出てきています。

改質アスファルト防水

従来のアスファルト防水の短所を改良したアスファルト系の防水です。
改質アスファルトシートと呼ばれる防水層を熱熔解しながら重ね合わせていく工法です。
溶剤等を使用することが少ないためリフォームなどでも採用されることがあります。

シート防水系

密着工法

下地にシートを密着させる防水です。
大きな物件ではコストメリットを享受できます。下地に完全に密着させるため天候に左右されやすいです。
また、比較的柔らかい合成ゴムでできているので外部からの衝撃や摩擦に弱いという特徴もあります。
技術の低い業者や職人が施工すると水漏れを発生させやすく、マブチ工業の改修工事で一番多い物件です。

機械的固定法

密着ではなく浮かし貼り工法です。
円盤状のディスクにシートを溶着していく工法です。
下地にシートを密着させず、下地処理を簡略化できます。
そのため、下地の状態にそれほど依存せず、施工スピードも上がります。
天候に左右されにくい点も大型物件で力を発揮します。
ただし歩行には適しません。

塗膜防水系

ウレタン防水

貼り系の防水ではなく、塗り系の防水です。
比較的小さな場所や細かい部分の改修などの施工性が高いという特徴を持ちます。
ウレタンゴム自体は衝撃性に乏しいため、メッシュを入れる工法もあります。
均一の膜圧を作るために技術をひつようとします。業者の技術力に左右されやすい特徴を持ちます。

FRP防水系

FRP防水 ←マブチ工業で採用しています

FRP防水は比較的新しい工法です。
ガラス繊維にプラスチック樹脂を浸透させ固めて防水層をつくります。従来のゴムを使用した防水ではなく、プラスチック樹脂を使用した防水のため、重歩行や摩擦にも強いという特徴を持ちます。
また塗り系の防水であるため、細かい施工が可能です。住宅のベランダや役物のおおい屋上などで採用されることがおおいです。
安価なガラス繊維を使用する業者の場合、ガラス繊維の飛散という問題があります。
下地と強固に密着するため、下地の動きに左右されやすい特徴を持ちます。
業者によっては、安価な堅い樹脂を使用したりすることで下地から破断することがあります。

FRP防蝕防水

アルカリや硫酸などに耐えられるような防蝕系のプラスチック樹脂を使用する工法です。
耐アルカリ性のあるビニルエステル系、エポキシ系などの樹脂を使用します。
材質などの知識が必要となります。